博士号取得を目指して

Educational step

現在さまざまな種類の手術、治療が行われていますが、現在の治療では救えない命があるのが現状です。新規治療の開発や疾病のメカニズムの解明が常に求められています。

「研究」と聞くと難しいイメージが湧くかもしれません。壮大なイメージを持つ方はいらっしゃるかもしれません。当科では、実際に新規創薬に向けた基礎的な実験や、疾病のメカニズムの解明を目指した研究が行われています。医師は科学者であり、研究者です。その一歩目を開始するプログラムになります。

Q1「外科医になりたいのであって、研究者になりたい訳ではないのですが?」

→当然、最初から研究者になるわけではありません。当科のスタッフの本業は臨床医として手術を行うことであることは変わりありません。しかし、現在の治療のみでは治療に限界を感じることは臨床ではしばしば経験します。そんな限界のところにいる患者さんも救いたい、と強い気持ちが生まれたら、きっとそれだけでも研究者の一歩なのだと思います。何も細胞やネズミの実験だけが研究ではありません。臨床研究、新規治療への積極的な導入も立派な研究者の仕事になります。「今までにない新しいものを作り出す」そんな体験を一緒にしませんか。

Q2「実際どういった学年から行うのか」

→外科医としての業務もあるため、外科専門医予備試験を合格してから、研究を行うか(大学院への進学)を検討する先生が多いです。3年目から研究をしている先生もいます。

Q3「自分には難しそう。できないと思うのですが..」

→これもとても自然な感情です。手術も研究も一朝一夕で完成されるものではありません。ひとつひとつステップを経て学んでいくものになります。実際に研究をしている多数の先生もそう感じていたと思います。むしろ実験なんてするつもりじゃなかったと思っていた先生もいると思いますが、当科では自然な流れでたくさんの先生が学位を取得しています。

Q4「研究をしている間の収入はどうなるのでしょうか」

→当科では、研究中も病院での勤務の継続(外来業務を主)し、外勤も継続されるため、一般的な労働者としての一定の給与は保証されています。また病棟業務から一時的に離れるために、on callで対応することが無くなり、研究に集中しやすい環境となります。一定の業務は分配されますが、基本は午後からは十分に研究にとりくむことができ、夜中の実験が強制されるような事態になることはありえません。

Q5「実際にどういった研究をしているのか」

→興味を持って頂けて幸いです。研究紹介のサイトを参照下さい。ただし、これからの研究を作っていくのはみなさんです。興味深いテーマがあれば、一緒に新しい研究を行って行きましょう。

挑戦にやりがいを

           山田先生

私は2019年秋に大学院に入学し、2020年4月から本格的に研究を開始しました。『研究』と聞いて“堅苦しい”、“難しい”というイメージを持たれる方もいるかもしれません。私自身、マウスを用いた実験や免疫染色、クリオスタット、腫瘍細胞の扱いなどこれまで全く携わってこなかった分野の知識や手技が求められ、分からないことばかりの中、研究をしていくことに初めは不安しかありませんでした。日中は臨床、それ以外の時間で自分の研究を進める日々ですが、少しずつできること、分かることが増えていく中に楽しみを見出すことができるようになってきました。思い通りの結果にならないことも多いですが、教授をはじめ先生方にご指導、助言をいただき、失敗を糧にいろいろなことを試していく毎日です。

先日、私の先輩女性医師が学位を取得されました。結婚や出産などを経ながらも医療の現場で活躍されている姿にとても刺激を受けています。自分の目標となる先輩医師や一緒に切磋琢磨できる後輩医師に囲まれ、恵まれた環境の中で様々なことに挑戦できるのも医局の、そして院生としての強みだと思います。

知らないことに挑戦することに誰しも初めは不安を覚えると思います。しかし、やがてそこにやりがいを見つけられるように、これから外科医を目指す先生方と一緒に頑張れたら、そしてその時に自分自身が目標としてきた先輩方のように成長できていればと思います。

院生として:山田先生

臨床・研究ともに幅広く行える外科医を目指して

           松中先生

近年、癌治療は着実に進歩してきており、当科でも数多くおこなっている腹腔鏡下手術・ロボット支援下手術による低侵襲手術や、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤等新規薬剤の開発により、それぞれの患者さんに最も適した治療を行うことができるようになってきています。外科での研究というとあまりイメージがわかないかもしれませんが、私たちが行っているのは手術を中心とした癌治療であり、その一環として癌治療に係る研究も非常に重要な業務の一つです。

大学で外科医として働くことのメリットには、症例数が多いこと、先進治療が行えることなどたくさんあると思いますが、高いレベルの指導体制・設備のもと研究が行えることも大きなメリットの一つであると大学院生となった今は強く感じています。

現在私は主に「大腸癌における新規バイオマーカーの探索」というテーマで研究を行っています。これまでも発現が認められると予後不良となったり、化学療法耐性となったりする遺伝子が多く発見されていますが、まだまだその機能が明らかにされていない遺伝子やバイオマーカーは多くあり、その解明が更なる大腸癌治療の発展につながる可能性があります。現在の研究の成果がすぐに臨床に生かされるわけではありませんが、今後の大腸癌治療の発展に貢献できる可能性もあり、とてもやりがいを感じながら日々研究を行っています。

           
院生として:松中先生

やりがいは臨床から基礎研究にも

           坂本聡子先生

医師として患者さんの治療に直接携わる臨床をとにかくやりたい。研究・実験については全くイメージが沸かず当時はそんなことを思っていましたが、現在は基礎研究のやりがい・興味深さを感じる毎日です。

右も左もわからない状態から始まりましたが、教授を始めたくさんの方にご指導頂きながら少しずつ出来る手技が増えていきました。私は現時点では、免疫染色で目的の蛋白が発現している症例と臨床組織学的因子との関連についてまとめています。自分が行った研究結果を踏まえて統計処理を行い何かしらの傾向が見えてくると、興味がさらに湧きもっと研究を進めていきたいと感じるようになりました。

これから外科を目指す先生方も、臨床のみならず基礎研究の中にも面白いと思う瞬間に巡り会えるのではないかと思います。

院生として:坂本聡子先生