博士号取得を目指して

Educational step

現在さまざまな種類の手術、治療が行われていますが、現在の治療では救えない命があるのが現状です。新規治療の開発や疾病のメカニズムの解明が常に求められています。

「研究」と聞くと難しいイメージが湧くかもしれません。壮大なイメージを持つ方はいらっしゃるかもしれません。当科では、実際に新規創薬に向けた基礎的な実験や、疾病のメカニズムの解明を目指した研究が行われています。医師は科学者であり、研究者です。その一歩目を開始するプログラムになります。

Q1「外科医になりたいのであって、研究者になりたい訳ではないのですが?」

→当然、最初から研究者になるわけではありません。当科のスタッフの本業は臨床医として手術を行うことであることは変わりありません。しかし、現在の治療のみでは治療に限界を感じることは臨床ではしばしば経験します。そんな限界のところにいる患者さんも救いたい、と強い気持ちが生まれたら、きっとそれだけでも研究者の一歩なのだと思います。何も細胞やネズミの実験だけが研究ではありません。臨床研究、新規治療への積極的な導入も立派な研究者の仕事になります。「今までにない新しいものを作り出す」そんな体験を一緒にしませんか。

Q2「実際どういった学年から行うのか」

→外科医としての業務もあるため、外科専門医予備試験を合格してから、研究を行うか(大学院への進学)を検討する先生が多いです。3年目から研究をしている先生もいます。

Q3「自分には難しそう。できないと思うのですが..」

→これもとても自然な感情です。手術も研究も一朝一夕で完成されるものではありません。ひとつひとつステップを経て学んでいくものになります。実際に研究をしている多数の先生もそう感じていたと思います。むしろ実験なんてするつもりじゃなかったと思っていた先生もいると思いますが、当科では自然な流れでたくさんの先生が学位を取得しています。

Q4「研究をしている間の収入はどうなるのでしょうか」

→当科では、研究中も病院での勤務の継続(外来業務を主)し、外勤も継続されるため、一般的な労働者としての一定の給与は保証されています。また病棟業務から一時的に離れるために、on callで対応することが無くなり、研究に集中しやすい環境となります。一定の業務は分配されますが、基本は午後からは十分に研究にとりくむことができ、夜中の実験が強制されるような事態になることはありえません。

Q5「実際にどういった研究をしているのか」

→興味を持って頂けて幸いです。研究紹介のサイトを参照下さい。ただし、これからの研究を作っていくのはみなさんです。興味深いテーマがあれば、一緒に新しい研究を行って行きましょう。

無限の可能性を胸に

           河野先生

私は2014年4月に大学院に入学した後、出産・育児を経て復学し、2018年秋から本格的な研究を開始しました。五井教授よりアドバイスをいただき研究を開始した当初は、右も左も分からず何をするにも手さぐり状態でしたが、複数の癌細胞の扱い方やマウスの吸入麻酔・開腹手術、クリオスタット、免疫染色など少しずつ自分で出来ることが増えてきました。臨床の世界では失敗が許されない場面が多々ありますが、研究に関しては“失敗は成功のもと”と考えこの失敗が必ず次に繋がるはずと信じて実験に取り組む毎日です。出産し、大学院を休学していた時期には想像もしていなかった世界が基礎研究の世界には広がっており、思い通りにいかないこともおおいにありますが研究って面白いと感じる瞬間を楽しんでいます。

ガイドラインに縛られず、新しい発想と直感を活かして研究する時間も何十年と続く長い医師人生においては良い経験になるのではないでしょうか。

少しずつ第一外科にも女性医師が増えてきていますが、大学院時代には自分が計画したリズムで研究を進めることも可能です。是非若い先生方にもプライベートと両立していきながら自分に限界を作らず大学院生としての時間を過ごして欲しいと思います。

院生として:河野先生

研究に大きなやりがいを感じながら

           瀬戸先生

現在は福井大学第一外科で大学院生として、日々臨床・研究をおこなっています。 学生さんや研修医の先生方で、今後の進路に迷われている方もたくさんいると思いますが、大学での研究というものにどのようなイメージを抱いていますか? 自分が医学部学生の時、講義で多くの先生方が、研究とは目の前の患者さんを救うだけでなく、世界中の数多くの人を救うことにつながると話していたことを覚えています。当時は中々それを実感できずにいましたが、医師となり、大学院生として過ごす中で、その意味が分かるようになりました。

今、私が力を入れている研究の1つに、酸化ストレスと消化器癌との関連というテーマがあります。将来的には、癌になりやすい人を簡単な血液検査で見つけ出したり、あるいは発癌そのものを予防したりと、この成果によって日本のみならず世界中の多くの人の健康増進につながるかもしれないという、とてもやりがいのある研究です。

自分のペースに合わせて様々な研究ができるのも第一外科の良さです。これから外科医を目指す先生方と、臨床だけでなく研究の面でも一緒に新しい発見ができたらなと思います。

           
院生として:瀬戸先生