博士号取得を目指して

Educational step

現在さまざまな種類の手術、治療が行われていますが、現在の治療では救えない命があるのが現状です。新規治療の開発や疾病のメカニズムの解明が常に求められています。

「研究」と聞くと難しいイメージが湧くかもしれません。壮大なイメージを持つ方はいらっしゃるかもしれません。当科では、実際に新規創薬に向けた基礎的な実験や、疾病のメカニズムの解明を目指した研究が行われています。医師は科学者であり、研究者です。その一歩目を開始するプログラムになります。

Q1「外科医になりたいのであって、研究者になりたい訳ではないのですが?」

→当然、最初から研究者になるわけではありません。当科のスタッフの本業は臨床医として手術を行うことであることは変わりありません。しかし、現在の治療のみでは治療に限界を感じることは臨床ではしばしば経験します。そんな限界のところにいる患者さんも救いたい、と強い気持ちが生まれたら、きっとそれだけでも研究者の一歩なのだと思います。何も細胞やネズミの実験だけが研究ではありません。臨床研究、新規治療への積極的な導入も立派な研究者の仕事になります。「今までにない新しいものを作り出す」そんな体験を一緒にしませんか。

Q2「実際どういった学年から行うのか」

→外科医としての業務もあるため、外科専門医予備試験を合格してから、研究を行うか(大学院への進学)を検討する先生が多いです。3年目から研究をしている先生もいます。

Q3「自分には難しそう。できないと思うのですが..」

→これもとても自然な感情です。手術も研究も一朝一夕で完成されるものではありません。ひとつひとつステップを経て学んでいくものになります。実際に研究をしている多数の先生もそう感じていたと思います。むしろ実験なんてするつもりじゃなかったと思っていた先生もいると思いますが、当科では自然な流れでたくさんの先生が学位を取得しています。

Q4「研究をしている間の収入はどうなるのでしょうか」

→当科では、研究中も病院での勤務の継続(外来業務を主)し、外勤も継続されるため、一般的な労働者としての一定の給与は保証されています。また病棟業務から一時的に離れるために、on callで対応することが無くなり、研究に集中しやすい環境となります。一定の業務は分配されますが、基本は午後からは十分に研究にとりくむことができ、夜中の実験が強制されるような事態になることはありえません。

Q5「実際にどういった研究をしているのか」

→興味を持って頂けて幸いです。研究紹介のサイトを参照下さい。ただし、これからの研究を作っていくのはみなさんです。興味深いテーマがあれば、一緒に新しい研究を行って行きましょう。

医師として成長するための基礎がこの時期に。

田海先生

当科での大学院生活で私が感じたことは、大きく2つあります。

1つは医学会全体の広さを感じたということです。臨床だけでなく基礎研究の世界も垣間見ることで基礎研究から臨床への繋がりを感じることができました。まだまだ未解明な部分も多く壮大な世界ですが、自分も何か将来の治療に役立つ知見を世界に発信できたらと思うようになりました。簡単ではないけれど、「夢は大きく!」という気持ちになりました。

もう1つは、課題や疑問を自分で解決する姿勢が身につくということです。研究では先行研究の調査、課題の抽出とそれを解明する実験を行うわけですが、この一連の流れは臨床にも通じるものだと思います。医師として生涯研鑽を積み成長するための基礎がこの時期に身につくのではないでしょうか。

最後に、大学院生の2年間は病棟フリーです。週末は家族サービスもできますし、夏休みには遠慮なく海外旅行も行けます!これもこの2年間の大きな魅力だと思います。

後期研修 院生として:田海先生

夢と興味をもって研究に向き合う。

吉田先生

私は福井大学第一外科に入局して5年目になります。

現在は、大学院生として大腸癌をメインとした研究を行っています。緊急手術を除いては手術を行う機会は各段に減りましたが、私はこの期間で、臨床医としての知識の幅を広げることができていると感じています。

遺伝子、蛋白、細胞レベルでの考え方に始まり、PCRやWestern Blottingといった遠い学生時代に勉強した手技も、実際にやってみるとその難しさや要求される緻密さに日々格闘しています。
胃癌や大腸癌では、血管新生因子阻害剤やモノクローナル抗体などが実際に臨床応用されています。

これは私が現在行っている研究とも関連するため、臨床と基礎医学とのつながりを感じることができ、夢と興味をもって研究に向き合うことができています。また、基礎医学の世界では英語論文がほとんどなので、今まで避けてきた英語とも向き合わざるを得ず、こちらも日々精進する毎日です。

後期研修 院生として:吉田先生