当科での研修プログラムについて

当科では「specialty」と「generality」を兼ね備えた医師の育成を目標とした研修プログラムを行っております。

手術が優れた外科医であることは望ましいことであり、手術手技の研鑽は外科医の責務です。しかしながら「外科医は手術だけができればいい」というわけではありません。

術前検査、周術期管理、手術、化学療法。実際の治療に至るまでの様々なステップを Totalに行うことができる医師、内視鏡も化学療法も高度な専門手術もできる「general-special-ist」をともに目指しませんか?

「患者さんを治すためになんでもできる医師」そんな未来にわくわくしませんか?自分が本当にやりたいことを、妥協せずに探しませんか?自分にはそんなたくさんのことができないのではないか、どんな風な指導体制なのか、もし心配なことがあれば、是非、見学に来てください。

Basic Step 2年初期臨床研修での外科選択

初期研修の目的(厚生労働省HPより)
・医師としての人格を涵養
・プライマリケアの基本的な診療能力の習得
と記載されています。

プライマリケアは、総合診療や救急のみで学べるものでしょうか。「お腹が痛い」「ご飯が食べられない」「ケガをした」といって病院に来られる患者はたくさんいます。どの患者さんにどんな治療が行われるのか、緊急手術になるのはどういった状態か、点滴や栄養管理はどのように行うのか、当科で扱う消化器外科領域は、実はプライマリケアに必要なエッセンスが詰まっています。外科医になりたい人はもちろんですが、外科以外の科を考えている人にとっても学ぶことがたくさんの研修をつくっていきたいと考えています。

Case.1 早く一人前の外科医になりたい!

→ともに研鑽しましょう。お待ちしています。先生の希望に応じたプログラムを考えますし、小手術の執刀のチャンスも十分にあります。昨年度は2ヶ月の研修期間内に鼡径ヘルニア、ラパコレを執刀した先生もいました。また初期研修中に経験した症例は外科専門医取得に使用する事が可能です。

Case.2 私は外科医になるつもりはないのですが・・

→他科に進む事になっても、一般的な縫合手技や、栄養管理、点滴管理は学んでおいて損はありません。消化器外科は領域の特性上、「ご飯が食べられない患者さん」や「消化管穿孔で重症な敗血症状態」など、急性疾患〜慢性疾患までバラエティに富んだ疾患に対応する必要があります。絶食管理の栄養/点滴管理、ICUでの重症管理、緩和ケアでの全人的なケアなど、様々な経験をすることはきっと今後の他の科に進んだときも、生きた経験になると考えています。

<新入局員からのメッセージ>

幅広い診療内容に惹かれて

東先生

私は、後期研修以降どの診療科に進むのか、なかなか決められずにいました。そのような中で第一外科を選択したのは、患者さんの状態を総合的に考え、患者さんのニーズに幅広く対応できる医師を目指したいと考えたからです。第一外科では、急性期から終末期まで様々な患者さんの診療にあたり、手術や周術期の管理のみならず、化学療法、緩和医療、栄養など様々な分野の医療を担っており、そのような環境で多くのことを学び成長していきたいと思いました。

第一外科での後期研修が始まり、現在手術や検査、病棟管理、当直対応など様々な診療を行っています。まだまだ分からないことも多く、悩むこともありますが、その都度上級医の先生方に相談し教えていただきながら、日々奮闘しています。診療内容の幅が広い分、必要とされる知識や技術も多岐にわたりますが、自ら学び、先生方からご指導いただきながら、経験を積んで着実に身に着けていきたいです。患者さんからも医療者からも信頼される医師となれるよう精進していきたいと思います。

後期研修 新入局員として:東先生

自分が外科医になれるのか

真柄先生

このページの、一つ一つの記事に目を通している学生・初期研修医の皆さんは、こんなふうに考えて悩んでいるのかもしれません。私も悩みましたが、結果的に選ぶことができ、良かったと感じています。

なりたいようになれるよう自分が努力する自主性と、なれるような指導を受けられる環境が重要だということは、多くの人がこれまでの社会経験(部活も、バイトも)から感じているのではないのしょうか。自分ができる範囲の努力で補えないとき、答えが出せないとき、第一外科の先生方は一緒に考えて、一緒に患者さんを守ってくださいます。初期研修医として第一外科をローテートしている時から、私が一番感じていることです。もちろん、先生方だけで判断し、方針を決めて対応した方がスムーズなことが多いはずです。研修医も、学生も、患者さんに関わる医療者としてチームに加えるのは、大学病院という教育機関ならではのことではないでしょうか。処置一つ見ても、あくまで基本に忠実に、基礎を教えた上で効率の良い、失敗の少ない方法を説明してくださいます。これから私たちが、後輩たちに教える立場になった時のことまで考えてくれている、そう感じています。第一外科の「後輩を育てる」は、ずっと先の”後輩”まで見据えています。後期研修が始まって半年が経過しましたが、以前よりこういった印象は強くなる一方です。私も今はまだまだ、教えてもらう事ばかりですが、次に繋げられる医者になるために、第一外科でこれからも頑張ります。

後期研修 新入局員として:眞柄先生

外科に少しでも興味を持って頂けたなら、後悔はさせません。
充実した初期研修を一緒につくっていきましょう。

       

Advance Step臨床研修修了〜外科専門医取得まで

【3年目】大学病院での勤務

上部消化管、下部消化管、肝胆膵 または 乳腺を3-4ヶ月毎にローテートすることで、それぞれの領域の基本的な知識の取得を目標とします。
その一方で、鼡径ヘルニア、ラパコレ、といった手術手技の基本的なテクニックの獲得を目標とします。

<3年目先輩医師より>

外科医として成長を実感できた3年間

坂本先生            

福井大学外科後期研修プログラムに沿って、3年間で大学病院→一般病院→大学病院という流れで勤務させて頂きましたが、日々自分の成長を実感できる3年間であったと思います。

3年目は大学病院での勤務となりましたが、2年目までに得た経験をもとに、良性疾患のみならず、悪性疾患の執刀経験を数多く積むことが出来ました。より重大な基礎疾患や併存症を持つ患者さんに対して、自らが主体となって、治療方針をたて、より綿密な周術期管理を行うことが出来たのも、後期研修1年目で外科医としての基礎を学び、2年目で数多くの診断、治療プロセスを経験し、3年目でこれまでの知識、経験を応用して主体的に診療を行うという、順を追ったステップを積み重ねられた成果ではないかと思います。

福井大学での後期研修3年間で、外科医としての成長を実感するとともに、今後更に飛躍できるという希望を持つことが出来ました。更なる飛躍のため、患者さん一人一人と真摯に向き合い、日々の診療に努めたいと思います。

後期研修 3年目(大学研修)を終えて:坂本裕生先生

あなたも外科を志望してみませんか?

松中先生

第一外科では非常に多くの臓器を診療対象とし、多数の疾患を経験することができます。3年目からは初期研修と異なり、自分が主治医となって診療に当たる場面も出てきます。自身も、3年目からは虫垂炎・胆嚢炎・ヘルニアなど良性疾患を中心として多くの手術症例を経験させていただき、自分の判断で治療する責任の重さを感じながら、日々診療にあたっています。

もちろん、自身が主治医になり治療する場合でも、手術から術後管理や検査まで、第一外科の先生方はいつでも相談に乗ってくださり、指導をして下さいます。

扱う疾患や手術件数が非常に多く多忙であり、決して楽な仕事ではありませんが、非常に充実した日々を過ごしています。3年目というキャリアは外科医の中では駆け出しであり力不足な点も多く、落ち込むことも多々ありましたが、医局の先生方に支えられながら研鑽を積むことができました。。

皆さんと一緒に仕事ができる日を、お待ちしています。

後期研修 3年目(大学研修)を終えて:福岡先生
【4年目】一般病院(中規模病院)での勤務

大学で学んだ知識・技術を持って、一般病院での勤務を行います。豊富な症例数のある中規模病院以上の病院が4年目の勤務地となります。「主治医」を多数経験する事で、責任感のある医師の育成を目標とします。悪性疾患手術、中難度手術の経験を目標とします。

【5・6年目】大学病院での勤務

3、4年目を経験した上で見る、specialistの手術は、これまでと見える景色が変わります。より高みを目指した研鑽の時期となります。また後輩(初期研修医や3年目)の指導を行うことで、自身のブラッシュアップを行います。

5年目:外科専門医予備試験 → 6年目:面接 となり、6年目終了時に外科専門医の獲得を目標とします。出産・育休などの事情を除き、当科では全員が6年目で外科専門医取得可能となっています。

<5年目先輩医師より>

目標は高く、身近に

前川先生

私が初期研修医の頃にみた5年目の第一外科先輩医師は、身近なスーパーマンでした。自分で方針を考え、指導医と議論し、時間をうまく使い、かつ相談しやすい先輩は、当時の私の目標の一つでした。現在私が5年目を終え、第一外科の教育で培われるたくさんの経験がその下地になっていたことがよくわかります。幅広い環境と症例を経験できたことで、検査・治療方法の取捨選択、手術の要点の把握、術後の状態管理はより適切になりました。

初期臨床研修を終え、3年目から専門分野に入り、5年目になると新しい環境の流れが一段落して、少し視野が広がります。これまで与えられることに溺れていた自分から、その環境に感謝しつつ次のステップアップを自分から求めにいけるようになりました。第一外科には若手から指導医・研究者と、その専門領域の広さから多種多様のロールモデルがあります。自分の理想とする医師像を想像でき、求めた時に返して頂ける層の厚さと寄り添いを感じました。恵まれた環境に感謝しつつ、今後も成長し続けていきたいです。

後期研修 5年目を終えて:前川先生