当科での研修プログラムについて

当科では「specialty」と「generality」を兼ね備えた医師の育成を目標とした研修プログラムを行っております。

手術が優れた外科医であることは望ましいことであり、手術手技の研鑽は外科医の責務です。しかしながら「外科医は手術だけができればいい」というわけではありません。

術前検査、周術期管理、手術、化学療法。実際の治療に至るまでの様々なステップを Totalに行うことができる医師、内視鏡も化学療法も高度な専門手術もできる「general-special-ist」をともに目指しませんか?

「患者さんを治すためになんでもできる医師」そんな未来にわくわくしませんか?自分が本当にやりたいことを、妥協せずに探しませんか?自分にはそんなたくさんのことができないのではないか、どんな風な指導体制なのか、もし心配なことがあれば、是非、見学に来てください。

Basic Step 2年初期臨床研修での外科選択

初期研修の目的(厚生労働省HPより)
・医師としての人格を涵養
・プライマリケアの基本的な診療能力の習得
と記載されています。

プライマリケアは、総合診療や救急のみで学べるものでしょうか。「お腹が痛い」「ご飯が食べられない」「ケガをした」といって病院に来られる患者はたくさんいます。どの患者さんにどんな治療が行われるのか、緊急手術になるのはどういった状態か、点滴や栄養管理はどのように行うのか、当科で扱う消化器外科領域は、実はプライマリケアに必要なエッセンスが詰まっています。外科医になりたい人はもちろんですが、外科以外の科を考えている人にとっても学ぶことがたくさんの研修をつくっていきたいと考えています。

Case.1 早く一人前の外科医になりたい!

→ともに研鑽しましょう。お待ちしています。先生の希望に応じたプログラムを考えますし、小手術の執刀のチャンスも十分にあります。昨年度は2ヶ月の研修期間内に鼡径ヘルニア、ラパコレを執刀した先生もいました。また初期研修中に経験した症例は外科専門医取得に使用する事が可能です。

Case.2 私は外科医になるつもりはないのですが・・

→他科に進む事になっても、一般的な縫合手技や、栄養管理、点滴管理は学んでおいて損はありません。消化器外科は領域の特性上、「ご飯が食べられない患者さん」や「消化管穿孔で重症な敗血症状態」など、急性疾患〜慢性疾患までバラエティに富んだ疾患に対応する必要があります。絶食管理の栄養/点滴管理、ICUでの重症管理、緩和ケアでの全人的なケアなど、様々な経験をすることはきっと今後の他の科に進んだときも、生きた経験になると考えています。

<2017年度 新入局員からのメッセージ>

ワクワクで胸がいっぱいな今日この頃。

土屋先生

福井大学第一外科の指導医の先生方は、とても熱心に愛情を込めて指導してくださいます。時には厳しいことを言われ落ち込むこともありますが、責任を持って私たち若手をきちんとした外科医に育てようとしてくださっている先生方の熱意をひしひしと感じています。

私は、固形癌を系統的にmanagementできるところに外科医としての面白さを感じ、将来は特に乳癌を専門にしたいと考えています。ただ、ここでは消化器外科領域の患者さんの担当になることも多く(緊急手術やICU管理など!)、外科医に必要な全身管理を十二分に学ぶことができる環境にあり、とても充実した日々を送っています。

私は福井県外の出身なのですが、固形癌の患者さんを診断、手術、術後の化学療法、そして緩和や看取りまで、一貫して1人の患者さんと向き合う先生方の働きぶりにとても感銘を受け、ここへの入局を決めました。

医師が多く専門毎に分業されがちな都会では経験できないような、いろんなことができる外科医にここではなることができるのではないかとワクワクで胸がいっぱいな今日この頃です。

後期研修 新入局員として:土屋先生

1つ1つ努力を重ね、先生方の背中を追いかけていきたい。

山田先生

大学での6年間、初期臨床研修医としての2年間を経て、ようやく幼いころからの憧れであり、目標である外科医としてのスタートラインに立つことができました。「幼いころからの」とは言っても、この道を進むと決意するまでにはたくさんの悩みや不安もありました。
そうした中で最後のひと押しとなったものは、やはり第一外科全体としての雰囲気や先生方の存在であったと思います。

学生時代からお世話になり、その姿を拝見する中で、私の外科医のイメージは先生方になりました。理想とする先生方がいる、憧れの先生方からご指導いただけるこの環境は、目標を見失わず、全力で取り組み、また受け止めていただける恵まれたものです。

まだまだ自分の無力さを痛感するばかりで、不甲斐なく、つらく思うこともありますが、ご指導くださる先生方や同期に支えられながら、日々精進、日々勉強の毎日です。将来、あの時の自分の決断は間違っていなかったのだと、胸を張って言えるように、今はできることから1つ1つ努力を重ね、先生方の背中を追いかけていきたいと思います。

後期研修 新入局員として:山田先生

外科に少しでも興味を持って頂けたなら、後悔はさせません。
充実した初期研修を一緒につくっていきましょう。

Advance Step臨床研修修了〜外科専門医取得まで

【3年目】大学病院での勤務

上部消化管、下部消化管、肝胆膵 または 乳腺を3-4ヶ月毎にローテートすることで、それぞれの領域の基本的な知識の取得を目標とします。
その一方で、鼡径ヘルニア、ラパコレ、といった手術手技の基本的なテクニックの獲得を目標とします。

<3年目先輩医師より>

早くから外科医としての喜びを感じる機会。

前川先生

私の目指す寄り添いと信頼を築ける医師が、当科の先輩方に重なったことが入局の決め手でした。尊敬する先輩方に囲まれ、これ以上の選択はなかったと確信しています。

後期研修医は責任ある仕事が増え、それに伴う達成感や満足感を得られます。私たちは各臓器別のチーフに直属となることが多く、高いレベルの指導と、見て学ぶだけでなく、やって学ぶ機会に非常に恵まれました。学びだけでなく、早くから外科医としての喜びを感じる機会を多く持てたのは、福井大学第一外科ならではの『強み』だと思います。

現在は大学外での勤務となりましたが、3年目に大学での後期研修で学んだことを発揮し、また下地としてより一層の経験と知識を身に着け、成長を感じることができ、充実した毎日を送っています。

後期研修 3年目(大学研修)を終えて:前川先生

患者さんがやりがいを私にくれた。

浅井先生

研修医から見た外科医のイメージはどんなものだろう。きつい、汚い、危険?、確かにそういった面はあると思う。手先が器用で体力があって体育会系で…あつい。ミニスカにハイヒールのフリーランス、美人、後半はきっと私にもあてはまる。

実際にやってみた1年間。
初期研修を終え福井大学第一外科に入局し、誇り高き外科医に囲まれ、外科の浅井です、と名乗るようになり、外科医になった気がした。でも名ばかり。手先は器用ではなく、体力もなく、努力根性の体育会系スピリットもない。そして汚いのも苦手だ。イメージからすれば、向いていない。

それでも辞めずに1年が過ぎた。患者からの感謝、患者の人生、患者さんがやりがいを私にくれた。そしてかっこいい指導医、やさしい先輩、こうなりたいって思えた。やってみて初めて分かった、今も続けていられている理由。外科医の激務というイメージに臆さないで欲しいと思う。私でもできていますから(なんとか1年は!)

後期研修 3年目(大学研修)を終えて:浅井先生
【4年目】一般病院(中規模病院)での勤務

大学で学んだ知識・技術を持って、一般病院での勤務を行います。豊富な症例数のある中規模病院以上の病院が4年目の勤務地となります。「主治医」を多数経験する事で、責任感のある医師の育成を目標とします。悪性疾患手術、中難度手術の経験を目標とします。

【5・6年目】大学病院での勤務

3、4年目を経験した上で見る、specialistの手術は、これまでと見える景色が変わります。より高みを目指した研鑽の時期となります。また後輩(初期研修医や3年目)の指導を行うことで、自身のブラッシュアップを行います。

5年目:外科専門医予備試験 → 6年目:面接 となり、6年目終了時に外科専門医の獲得を目標とします。出産・育休などの事情を除き、当科では全員が6年目で外科専門医取得可能となっています。

<5年目先輩医師より>

充実した1年。大きな成長。

小林先生

4年目の研修の感想として、3年目に身に着けた消化器外科医としての知識・経験が、実際の診療とどんどん結びついていくことを実感する、充実した1年でした。

手術は良性疾患・緊急症例を中心に主治医として執刀をします。また気胸や重症熱傷、高エネルギー外傷なども診療・入院管理し、多種多様な症例を経験し外科医としての診療の幅が広がりました。また、癌患者の執刀は多くはないですが、その際には内視鏡検査などの術前検査を自ら行い、どんな手術が適切でどんな箇所が大事かを症例ごとにじっくりと考えて手術に向かいます。比較的時間のある外病院勤務だからこそ丁寧に準備を進めることができました。術後の外来も自分で診療し、術後補助化学療法や患者さん自身の自宅での生活・社会との接し方などを相談され様々なことで悩みました。

この経験で、目先の入院中の問題点だけを診るのではなく、患者さんの普段の生活にも気を配って診療できるようになり、とても大きく成長できたと思っています。

後期研修 5年目を終えて:小林先生

医局員全員の顔が見えるアットホームな医局。

瀬戸先生

4後期研修医として最後の1年間では、これまで学んだ技術や知識を活かし、さらに幅広い疾患や病態を経験することができました。

待機手術では悪性腫瘍や重篤な基礎疾患を有する症例を、緊急手術では消化管穿孔や多発外傷など多様な症例を主治医として担当し、手術手技だけでなくICUでの全身管理や術後管理・外来でのフォローアップに至るまで、経験豊富な指導医の先生方の助言のもと、自身が主体となって治療を行い多くの患者様から感謝の言葉をいただけたことは、外科医としてこの上ない幸せです。

また、私事ではありますが、後期研修中に病気療養のための休暇をとる必要が生じました。
この際にも、医局の先生方の協力にて環境面での配慮を頂き、スムーズな復職が可能でした。医局員全員の顔が見えるアットホームな医局だからこそ、このように個々の状況に合わせた勤務が可能であり、当科の良さであると感じています。

後期研修 5年目を終えて:瀬戸先生