当科での研修プログラムについて

当科では「specialty」と「generality」を兼ね備えた医師の育成を目標とした研修プログラムを行っております。

手術が優れた外科医であることは望ましいことであり、手術手技の研鑽は外科医の責務です。しかしながら「外科医は手術だけができればいい」というわけではありません。

術前検査、周術期管理、手術、化学療法。実際の治療に至るまでの様々なステップを Totalに行うことができる医師、内視鏡も化学療法も高度な専門手術もできる「general-special-ist」をともに目指しませんか?

「患者さんを治すためになんでもできる医師」そんな未来にわくわくしませんか?自分が本当にやりたいことを、妥協せずに探しませんか?自分にはそんなたくさんのことができないのではないか、どんな風な指導体制なのか、もし心配なことがあれば、是非、見学に来てください。

Basic Step 2年初期臨床研修での外科選択

初期研修の目的(厚生労働省HPより)
・医師としての人格を涵養
・プライマリケアの基本的な診療能力の習得
と記載されています。

プライマリケアは、総合診療や救急のみで学べるものでしょうか。「お腹が痛い」「ご飯が食べられない」「ケガをした」といって病院に来られる患者はたくさんいます。どの患者さんにどんな治療が行われるのか、緊急手術になるのはどういった状態か、点滴や栄養管理はどのように行うのか、当科で扱う消化器外科領域は、実はプライマリケアに必要なエッセンスが詰まっています。外科医になりたい人はもちろんですが、外科以外の科を考えている人にとっても学ぶことがたくさんの研修をつくっていきたいと考えています。

Case.1 早く一人前の外科医になりたい!

→ともに研鑽しましょう。お待ちしています。先生の希望に応じたプログラムを考えますし、小手術の執刀のチャンスも十分にあります。昨年度は2ヶ月の研修期間内に鼡径ヘルニア、ラパコレを執刀した先生もいました。また初期研修中に経験した症例は外科専門医取得に使用する事が可能です。

Case.2 私は外科医になるつもりはないのですが・・

→他科に進む事になっても、一般的な縫合手技や、栄養管理、点滴管理は学んでおいて損はありません。消化器外科は領域の特性上、「ご飯が食べられない患者さん」や「消化管穿孔で重症な敗血症状態」など、急性疾患〜慢性疾患までバラエティに富んだ疾患に対応する必要があります。絶食管理の栄養/点滴管理、ICUでの重症管理、緩和ケアでの全人的なケアなど、様々な経験をすることはきっと今後の他の科に進んだときも、生きた経験になると考えています。

<2019年度 新入局員からのメッセージ>

第一外科を志し続けた理由~過ごしやすい雰囲気や丁寧な指導~

           坂本先生

私は医学部入学前から消化器外科への入局を志しておりました。しかし大学6年間、そして初期臨床研修を終えるまで、第一外科への志を持ち続けられたのも、この福井大学第一外科の先生方、そして医局全体の雰囲気があってこそでした。この4月より福井大学第一外科へ入局し、後期研修医として診療を行っておりますが、入局前に感じていた雰囲気はそのまま、毎日先生方の細やかで、丁寧な指導を受けられ、着実に自分の経験を積むことが出来ているという実感を持ちながら、診療にあたることが出来ています。

今はまだ、駆け出しの外科医でありますが、先生方からあらゆる事を学び、同期の仲間と共に切磋琢磨し、福井大学第一外科の後期研修医だからこそ出来る経験を大切にして、1日でも早く外科医としての自信が持てるよう精進して参ります。

後期研修 新入局員として:坂本裕生先生
           

福井の地で、患者さんにとっての最善を追及したい

辻際先生

京都出身の私ですが、大学生活と初期研修期間の8年間をまるまる福井で過ごしました。学生時代の臨床実習や初期研修の場で患者さんと触れ合ううちに里心が芽生え、福井で医療者として役に立ちたいと考えるようになりました。

以前から、患者さんのことを深く考え、総合的に判断して何が最善かを考えることのできる医師になりたいと思っていましたが、その私が考える医師像に最も近いと感じたのが消化器外科の先生方でした。手術治療はもちろん、術前の管理や術式の検討、術後の管理等、深く患者さんのためを思って思考を巡らせる姿に感銘を受けた私は、自分もそうでありたいと考え、第一外科に入局しました。

実際に働いてみると、自分の至らぬ点や、理想とした第一外科の先生方のすごさを実感するばかりで、ふがいなく思うことが多いですが、理想の医師に近づけるように、少しずつでも努力していきたいと思います。

後期研修 新入局員として:辻際先生
           

一歩一歩、焦らず着実に

福岡先生

私が外科医を目指したのは何故なのか、その理由を考えてみたとき、やはり第一外科の先生方の、学生や研修医に対する熱心な教育姿勢だったのではないかと感じました。

外科では一般的に経験豊富な医師と若手の医師がチームとなって診療を行うため、密に連絡を取り合いアドバイスをもらいながら診療にあたることができます。また、第一外科での診療は手術のみにとどまらず、ICUでの綿密な術後管理や各種検査など多岐にわたりますが、そのすべてにおいて、先生方に時に厳しく、時に優しくご指導いただいています。

の非常に恵まれた研修体制と、和気あいあいとした医局の空気が私を引き付けたのではないかと思います。外科医が一人前のキャリアを積むには患者さんの状態を全て学ぶ必要があり、時間がかかるとは思いますが、とても楽しく、やりがいを感じています。初期研修を終えたばかりの私は力不足な点も多く、落ち込むことも多々ありますが、医局の先生方に支えられながら、一歩一歩、外科医としての歩みを進めています。早く一人前の医師となれるよう、研鑽を積んでまいります。

後期研修 新入局員として:福岡先生
           

第一外科の魅力~雰囲気の良さ・相談しやすい先生方~

矢尾先生

学生の頃は自分が外科医として働くことは全く想像していませんでした。臨床実習、初期研修を経て、外科の先生方の働く姿を見ているうちに、私も外科医として手術をしたい、第一外科の一員として働きたいと思うようになりました。入局を決めるまでには、不安や悩みもありましたが、第一外科全体の雰囲気の良さや女性の先生方が働いていることも決め手となり、外科医としての生活を始めることとなりました。

第一外科での後期研修が始まってから、中身の濃い毎日を過ごしています。手術や病棟、当直など緊張や不安も多いですが、第一外科の先生方は必ず相談に乗ってくださり、外科ならではの手技を丁寧に教えてくださったりと、医師としてたくさんの経験を積むことができています。自分にできることを増やし、少しでも先生方に近づけるようなりたいと思っています。また、今後多くの方が、自分のように第一外科に入って良かったと思えるように、日々精進していきたいです。

後期研修 新入局員として:矢尾先生

外科に少しでも興味を持って頂けたなら、後悔はさせません。
充実した初期研修を一緒につくっていきましょう。

Advance Step臨床研修修了〜外科専門医取得まで

【3年目】大学病院での勤務

上部消化管、下部消化管、肝胆膵 または 乳腺を3-4ヶ月毎にローテートすることで、それぞれの領域の基本的な知識の取得を目標とします。
その一方で、鼡径ヘルニア、ラパコレ、といった手術手技の基本的なテクニックの獲得を目標とします。

<3年目先輩医師より>

充実したサポートの中で、たくさんの症例を経験できた1年間

           松中先生

学生実習のころから、第一外科の雰囲気や指導熱心な先生方、幅広い診療内容に惹かれ、消化器外科を志していました。

外科というと、一人前になれるのが遅い、最初は手術をさせてもらえない、でも仕事は多く忙しい、といったイメージがあるのではないでしょうか。正直、自分も学生の頃は、手術なんてさせてもらえるのは何年もたってからだろうと思っていました。

外科というと、一人前になれるのが遅い、最初は手術をさせてもらえない、でも仕事は多く忙しい、といったイメージがあるのではないでしょうか。正直、自分も学生の頃は、手術なんてさせてもらえるのは何年もたってからだろうと思っていました。

後期研修 3年目(大学研修)を終えて:松中先生

不安がやりがいや意欲へ変わった

坂本聡子先生

私は迷いに迷った末、外科への入局を決めました。

当初不安の方が大きかったですが、何もわからない自分に先輩方から手取り足とりご指導をいただき、不安からもっと多くのことを吸収したいという意欲に変わっていく1年間でした。

良性疾患から悪性疾患、急性期からターミナルまで幅広く患者さんの治療にあたりました。自分の無力さやプレッシャーを感じる場面も多々ありますが、そういった経験がやりがいに繋がり、充実した毎日を送っています。

外科というと、キツいし女医が続けていけるのかと、、、私もそうでした。しかし、マイナスのイメージだけで選択肢から外してしまうのはもったいないと、外科医として働き始めて非常にやりがいを感じます。少しでも興味がある方、お待ちしています。

後期研修 3年目(大学研修)を終えて:坂本聡子先生
【4年目】一般病院(中規模病院)での勤務

大学で学んだ知識・技術を持って、一般病院での勤務を行います。豊富な症例数のある中規模病院以上の病院が4年目の勤務地となります。「主治医」を多数経験する事で、責任感のある医師の育成を目標とします。悪性疾患手術、中難度手術の経験を目標とします。

【5・6年目】大学病院での勤務

3、4年目を経験した上で見る、specialistの手術は、これまでと見える景色が変わります。より高みを目指した研鑽の時期となります。また後輩(初期研修医や3年目)の指導を行うことで、自身のブラッシュアップを行います。

5年目:外科専門医予備試験 → 6年目:面接 となり、6年目終了時に外科専門医の獲得を目標とします。出産・育休などの事情を除き、当科では全員が6年目で外科専門医取得可能となっています。

<5年目先輩医師より>

さらに一歩前進できた1年間

椿先生

私の場合、4年目に出張した病院で引き続き5年目の研修も行いました。1年間慣れ親しんだ病院で続けて仕事ができましたので、効率的な業務ができたと思います。

関連病院では腹部外科だけでなく、一般外科としての技術も習得します。外傷性血気胸のような胸部外傷や交通事故など、大学病院では救急部に搬送される疾患でもまず外科が対応します。必要となるのは全身検索であり1点でなく全体を見渡す視野が訓練されます。様々な外傷処置も必要となり、一般外科としての実技を身につけることが可能です。一般的な診療業務の他に検診業務も行われ、内視鏡検査の実績を積むこともできます。もちろん手術機会もあり、私の研修病院では緊急手術を中心に沢山の執刀経験を積むことができました。術後は全身状態に気を配りながら創傷管理、栄養管理を考えるのは大学と同様です。

外科医は全身を診る医者です。あらゆる検査手技を駆使して診断を行い、外来処置から手術治療まで行います。4年目に身に着けた知識技術を5年目に有意義に生かすことができたと感じています。

後期研修 5年目を終えて:椿先生

経験を積み、自身の判断に生かすということ

           浅井先生

早いもので医者になって5年が過ぎ、このような振り返りの機会をいただきました。

4年目の一般病院勤務では手術を執刀することが多くなり、より主体的に考え学ぶことができました。また上下部内視鏡検査を行うこともあり、内科的な手技や疾患など消化器一般の知識も広く身につけることができました。5年目に大学に戻ると、より厳密なアセスメントが求められ、術前の状態からリスクを把握し術後は小さな変化を見逃さず早期に対策を講じることを学びました。また多数の全国学会発表を行い、疾患の理解を深めるとともに、日々の臨床の中で新しい発見がないか探求する気持ちも生まれました。

自ら判断する場面も増え、迷ったり不安になったり、恐ろしいこともありましたが、指導医の的確なアドバイスを受けて1つひとつ乗り越えていくと、また一歩前進して成長している実感がありました。

一人前の外科医への道のりは長いですが、信頼される外科医を目指し勉強の毎日です。

後期研修 5年目を終えて:浅井先生